水道工事会社に蛇口の修理を依頼する前に

水道を使うために、蛇口は欠かすことができない設備です。水道は、圧力をかけて水を送るため、垂れ流しにならないように受け止められる装置が必要になるでしょう。蛇口は、水を出したり止めたりするだけではなく、圧送されてくる水の量をコントロールするためにも使われます。使用頻度も高く、それだけの力を受け止めるため、どうしても各部品が摩耗してしまいます。部品の劣化が水漏れの原因となることが多いです。

■水道にとって大切な蛇口

蛇口は、水道に欠かせない部分です。圧送された水は、蛇口を締めなければ出たままになるでしょう。水圧をうまく利用するためにも、蛇口は大切です。蛇口は構造的に複雑なことから、パッキンを使って隙間を塞いでいます。
パッキンはゴムでできているため、時間とともに劣化してしまいます。劣化すると弾力性を失い、隙間をふさぐことができなくなるため交換をしなければいけません。解体にはモンキーレンチやマイナスドライバーがあればできるため、そこまで難しいことではないでしょう。それでも不安があるときには、水道 工事会社で修理したほうが安全です。

■止水栓を締めるところから

水漏れが起きた時には、まず水が供給されない状況を作らなければいけません。水道工事会社に修理を依頼するときでも、蛇口から漏れる水をとめておくことが優先です。圧力で送水されるため、このままでは修理することもできません。水が漏れたままでは、被害が拡大してしまう場合もあります。
水道管には、止水栓と呼ばれる装置がついています。この止水栓を締めれば、水道からの供給を止めることができます。
水回りの設備の近くに存在するため、蛇口から水道管を追っていくと見つけ出せます。止水栓を締めれば、圧力もかからなくなります。蛇口 交換といった場合でも、止水栓を締めることから始めなければいけません。
止水栓は、固着して動かなくなる場合もあります。どこにあるのかわからないときにも、元栓を締める方法が有効です。水道メーターの近くに必ずありますので、こちらを締めて修理しましょう。

■まとめ
水漏れなどが起こったときは、まずは焦らずに止水栓を締めるのが大切です。これだけで被害はかなり収まります。普段からどこにあるのかを確認しておくだけでも、焦らずに済むでしょう。その時には、どんな道具を使うのかも確認しておくと安全です。試しに締めてみれば、固着しているかどうかもわかるでしょう。どうしてもできないときには、すぐに工事会社に連絡するのも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ