設備の漏水は水道工事で修理

水を得るためには、水道が必要です。圧力をかけて送られてくる水は、蛇口をひねれば簡単に使えます。家庭の中には、いろいろな水回りの設備がありますが、圧力がかかっているゆえに、わずかな隙間でも漏水の危険性があるでしょう。修理を考えていかなければいけませんが、家庭内ではなにが原因で発生するかも知らなければいけないでしょう。
原因がわかれば、自分で修理できるかどうかも判別がつきます。もしも、自信がないと感じた時には、水道工事会社へすぐ依頼した方が良いでしょう。

■危険性の高い給湯器の水漏れ

家庭にはさまざまな設備がありますが、水漏れを起こして問題になるのは給湯器です。ガスや電気を使った設備のため、素人では対応が難しいです。漏水してしまう原因はいろいろとありますが、内部から漏れてくる時には、大きな問題と考えるべきです。電気を使っている部分にかかってしまえば、感電する可能性が出てきます。ガス設備は不完全燃焼につながってしまうでしょう。これだけでも大きな問題になるため、使用を中止して、水道工事会社に修理の依頼をするのが一番です。
給湯器の水漏れとしては、ドレーンパイプから漏れてくることもあります。長期間使っていなかった場合に内部の水を自動的に排出する仕組みのため、多く見られる現象です。ドレーンパイプと同時に他の部分からも漏れていれば、他にも何か原因があると言えます。内部の劣化が進んでいる可能性もあるため、早急に点検が必要でしょう。

■大問題になるトイレの水漏れ

家庭内での水漏れで、大きな問題となりやすいものがトイレです。大量に水を保持している設備になるため、どうしても被害が拡大してしまいます。タンクの水だけではありません。トイレで使った排水が漏れてくることもあります。
便器の下に廃管がつながっていますが、パッキンが劣化すると、この隙間から漏れてしまいます。パッキンを交換するには、便器を取り外さなければいけないため、大規模な修理になってしまうでしょう。素人では対応が難しい内容となるため、水道工事会社に依頼して交換や修理をするのが一番です。

■まとめ
水漏れはさまざまな原因から発生します。単純に判明することもありますが、構造が複雑な給湯器などは原因がわからないことも珍しくありません。水道工事会社であれば、判断がつきますが、素人では感電の危険性も高く、手を出すよりも元栓を締めてそれ以上水が供給されない状況を作る方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ