評判の良い水道工事会社では配管の素材も重視する

水道 工事に対する知識は誰でも持っているわけではありません。評判の水道工事会社に依頼して修理してもらった際も、どんなことをしたのか理解できないことも多いでしょう。水道工事は、それほど専門的な知識が必要になってきます。
水道工事を行うときには、さまざまな部材を使います。配管にもいろいろな種類のものが使われるため、素材の特徴を知っておくこともおすすめです。評判の水道工事会社であれば、素材も重視して選んでくれるでしょう。

■これまで一般的だった鉄管や鉛管

一般的に水道管として多く使われていたのが鉄管です。鉛製も耐久性に優れているため、使用されていた時代があります。どちらも耐久性には優れているものの、問題が多く今では使われなくなりました。
鉄管は日本の上水に含まれている塩素に反応して錆びてしまいます。錆びが酷くなると穴があき水漏れの原因にもなります。鉛製は、水に溶けだしてしまう欠点があり、健康へも影響が出ました。鉛製による健康被害が社会問題化したこともあり、現在は使われなくなりました。使われていることがわかっている場合は、交換の際に補助金が使えます。早めに水道工事会社に依頼した方が良いでしょう。

■寒冷地でも使える新しい素材

近年、使われるようになった素材が、ポリエチレン管や塩ビ管です。どちらかを使うことが一般的ですが、用途によって選択し使用されています。ポリエチレン管は交換が容易で、化学物質に強い特性があります。熱にも振動にも強いですが、紫外線に対する耐性が低いため処理をしなければ外部では使うことができません。継手も専用のものが必要で高額になるのがデメリットです。
新素材として利用が進んできているのが、エルメックス管です、耐熱性と耐寒性に優れ、保温もできる優れた部材です。凍結にも強く、寒冷地でも割れにくい管として利用が進んでいます。接合部は特殊な加工になるため、水漏れしにくい構造でもあります。

■まとめ
水道管に使われている素材は、設置された年代によってもさまざまです。何が使われているのかは、知識が無い場合わかりません。水漏れを起こした時などに評判の水道工事会社に依頼をする場合には、使用する場所にあった素材を選んでくれるでしょう。また、どんな素材を使っているのか知らない場合には工事や修理の際に確認しておくこともおすすめです。どのような素材を使用しているか知っておくことで、トラブルを予測することができるからです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ